カリグラフィー ワークショップ
2019.11.11

今年最高に気候がよい5月にParisを訪れました。
私にとって4度目20年ぶりのParis.
想い出の歴史ある世界は変わらずにそこにあって、変わらないことの美しさを実感します。
蚤の市に足繁く通ったり、美味しそうな店に入ってみたり、郊外の友人宅を訪問したり、Parisならではの楽しみをたくさん堪能したうちの1つ、素敵なお店melodies graphiquesへの訪問。そこで仁海さんに店名のカリグラフィーを即興で書いていただきました(気づいた方もいるかな? 店内のショーケースに飾ってあります)
その美しい文字にうっとり。東京に来る際にワークショップを開催しませんか?と提案したところ、やりましょうと即答。ということで、11月11日Paris在住カリグラファー竹内仁海さんを講師に迎えワークショップを開催します。

 

<ワークショップ内容>
Parisで入手した銀製品ブランド、Christofleの1909年のかなり珍しいカタログ。美しいフランス書体「バタルド体」の表紙に目を奪われます。
今回は、このカタログを見本にお好きな文字のカリグラフィーとやどり木のデッサンを組み合わてテーブルセットを書くworkshop です。

 

<ワークショップには下記が含まれます。>
※ お道具: ペン軸、ペン先、インク、カード、練習用のお手本

※ ランチ:chiobenさんのお弁当です!

※ グッズ: 加藤かずみさん作 陶器のチャーム付き
(箸置きにもなります。スタイルハグならではの特典)

 

<参加費>
¥15,000

 

<日時>
A, 11月11日 9:00~12:00 WS 12:00~お弁当

B, 11月11日 13:00~お弁当 14:00~17:00 WS

10/12 12:00~お申し込み開始いたします!

 

<お申し込み>

11/11 9:00-13:00のご予約はこちら

https://airrsv.net/stylehug/calendar/menuDetail/?schdlId=T000E473FF

 

11/11 14:00-17:00のご予約はこちら

https://airrsv.net/stylehug/calendar/menuDetail/?schdlId=T000E473F8

 

<講師プロファイル>

竹内仁海 

パリ在住のカリグラファー。

2011年渡仏。パリの美術館でカリグラフィーに出会い、パリ市内のカリグラフィー教室に通い始める。

2016年よりイタリア人の夫とパリ4区にあるカリグラフィー専門店 ”メロディ グラフィック” を経営。

2店舗経営する傍らカリグラファーとしての仕事を担当。

結婚式やパーティ、パリコレクション・オートクチュールブランドの為の宛名書きや招待状、メッセージの代筆、ロゴデザイン、フランス映画・コマーシャルの演出アイテムとしてカリグラフィーを担当する。

現在もBiblioteque Historique de la ville de Paris(パリ市立資料館)に通いカリグラフィーの研究を続けている。

<WORKS>

CHANEL

LOUIS VUITTON

Christofle

CIRE TRVDON

AZZI&OSTA

RAMI KADI

Sandra Mansour

hotel ritz

etc