注連縄飾りワークショップ
2019.12.26

正月行事というのは、年神様という新年の神様をお迎えするための行事。
年神様は家々にやってきて、生きる力や幸せを授けてくださると考えられています。
お正月が近づくとしめ縄やしめ飾りを施し、年神様を迎える準備をします。
しめ飾りは、しめ縄に願いを込めて縁起物の飾りをつけたのが始まりと言われています。
神社のしめ縄のように、自分の家も神様を迎えるのにふさわしい場所だという事を示すためのものでもあり、
または、天照大神の話になぞらえて、一度家の中に入った神様が外へ出ていかないようにするためのものだとも。
今年も鴨川 草so 畑中さんが自ら育てた紫色の稲穂の緑米を使ってしめ縄飾りをつくります。(画像と色が多少異なります)
ボリュームもあって美味しいと評判のしま食堂さんのお弁当付きです!
日時:2019年12月26日(木曜日)
1部:10:00~13:00 (作業のあとお昼ごはん)

 

2部 : 13:30~16:30(お昼ごはんのあと作業)
場所:Style-Hug Gallery
渋谷区代々木4-28-7 S1
講師: 畑中亨
料金:¥6,500(材料費含む、お弁当付き)
持物:ハサミ、霧吹き(持っている方)、注連縄を持って帰る用の大きめな袋
服装は床に座って作業するので、藁クズがついても良い格好でお願いします。
1125日(月)10:00~受付開始いたします。
ご予約は下記URLより
1部:10:00~13:00
2部 13:30~16:30
しめ縄やしめ飾りは、新しく年が明ける前に飾りましょう。
もっとも多いのが25日から28日ごろで、29日は9が苦となり縁起が悪いとされ、
31日に飾るのも「一夜飾り」と言って神様に失礼なんだそうです。
当店の今年最後のイベント、新年を迎える準備、しめ縄飾りを作るワークショップです。
ご参加お待ちしております。